人気ブログランキング |
桜香る里いもスープパスタ
e0042012_1394619.jpg☆皆様、今年もよろしくお願いします☆
毎年お正月は母のおせち料理を堪能していますが、今年はうちに初めて家族全員招待し、地味な和食料理を10品ほど(喪中ですし)作りました。考えてみれば、今まで親姉妹に料理を作ってあげたことなんて片手で数えても余るくらいという怠惰ぶりでした。

家族一同喜んで帰ってくれたのはよかったのですが・・玄関で皆を見送った直後、母は眼鏡を、妹は帽子姉は携帯電話の忘れ物!(~_~;)・・・寒い中外を走って追いかけたくなかった私はすごく大きな声で3度も「わすれもの~!!!」と叫び正月早々近所に家族の恥をさらしたのでした(+o+)・・・今年もよい年になりますように・・(*_*;

さて先日、姉のレンタルしている東京の畑で野菜の収穫祭をしたのですが、そのとき旦那が収穫した泥つき里芋を使って里芋と鶏挽肉の煮物を作りました☆ 食べきれずに残ったその煮物を前に、心も技も豊かな金沢の割烹二代目のりさんが、里芋を潰し漉して雑炊にしたら美味かったと言っていたのを思い出しました。それをヒントにこの里芋と鶏挽肉の煮ものをリメイクしてできたのがこちら、桜香る里いもスープパスタです。

自分用なので煮た里芋は潰しただけで裏ごし作業は省き、ご飯の代わりに、そばパスタを入れてみました。以前、はまぐりのクリームスープパスタを作ったときは、そばパスタの風味が殆ど感じられなかったのですが、今回は和風だしスープにしたせいか、そばパスタとよく合います。鶏そぼろ入りなので鶏のエキスもスープにしみてます。そこへ桜の塩漬けとその戻し汁を入れ調味してみると、桜の風味が鼻からぽっと抜けて明るい気分になれました♪




e0042012_1602489.jpg【材料と作り方】
1.里芋(8個)は皮をよく洗って泥を落とし、乾かしてから皮をむく。
2.ボウルに里芋を入れて塩をふり、手で転がしてから水で洗う。
3.ル・クルーゼに鶏挽肉(100g)と(大2)を入れて弱火にかけ、菜箸を2~3本使ってぽろぽろになるようほぐしながら煮る。肉の色が変わったら里芋とだし(1cup)を入れてふたをし、弱火で煮る。
4.里芋にすっと竹串が通るようになったら、みりん(大1)、醤油(大1)を加え、ふたを取ってさらにひと煮する。

★参照本:「ル・クルーゼ」でおいしい和食(by平野由希子)
by megupugu | 2006-01-03 16:04 | 無国籍(和中)スープ(12)


<< 鴨ねぎ雑煮/中華風雑煮/黒ごま... なんちゃって~ボルシチ~ >>