カテゴリ:無国籍(和中)スープ(12)( 12 )
酸辣湯
e0042012_145771.jpgお久しぶり~でごめんなさいっ。あっという間に終わってしまったゴールデンウィーク、私は旦那の実家の福島でのんびり過ごしていました。

旦那のお父様は広いお庭でたくさんの種類の野菜を作っています。食卓にはいつも畑で採れたての旬の新鮮なお野菜が並びます。今の季節は嬉しい筍づくしのメニュー!「こんな田舎料理しかなくって・・」「とんでもない、丹精こめて育てられた採れたて野菜がこうしていただけるなんて、これこそ本当の贅沢!」「このおひたしはさっき摘んできた“カブレナ”という葉で・・」ご両親がにこにこ教えてくださる自家野菜のお話も最高の調味料です。e0042012_17354289.jpg

さすがはお義父さん(→)、先代から受け継がれたマイ道具を使って慣れた手つきでほいほいと筍を掘り起こしていきます。この筍がまたすごく美味しいんです。採れたての筍は面倒なアク抜き調理せずにそのままで◎だというのもかなり驚きでした。

ということで本日はこのタケノコを使った四川のスープです♪

酸辣湯 (サンラータン)

ほんのり酸味と黒コショウピリリのとろとろスープ。夏にはお酢とラー油を多めに入れすっぱ辛くして元気のでるスープにしましょ。
中川優さんのレシピを参考に簡単アレンジ。オリジナルでは干しシイタケや干し貝柱を使うところを、代わりに切りイカを入れてみました。切りイカといえば、切りイカ入りのお好み焼は基本だと個人的こだわりがあります。ちゃんといいダシも出してくれるし、干し貝柱より安く上がりますよ(笑)。

酸辣湯 (サンラータン)レシピ (4人分)
1.(80g)はボツボツした固い部分を薄く削いで、半分に切って横にし、薄切りにして細かいせん切りにして湯通しする。春雨(30g)は食べやすい長さに切ってから、水につけて戻しておく。豆腐(1/3丁)は筍と同じマッチ棒大のせん切りにして、春雨と一緒に水につけておく(スープに入れたときにくっついて固まらないようにするため)。豚バラ肉(120g)は繊維を断つようにして切り、細かい先切りにする。
2.豚バラと筍を鍋でさっと炒めたら、鶏がらスープ(約4cup)を入れ、沸騰したら春雨と豆腐、切りイカ(ひとつかみほど)も加える。
3.再度沸騰したら、(小1/3)、コショウ(たっぷり)、紹興酒(大1)を入れたら弱火にし、醤油(大2.5)を入れる。水溶き片栗粉(大3~)を回し入れて強火に戻す。とろみがついたら、火を止める。
4.溶き卵を流し入れる。(大2~)を入れたら強火にかけ、少し酸味をとばす。お好みでラー油木の芽を入れる。

☆酢を入れるタイミングを守ることが、まろやかさと甘みのある酸味を出すポイントです。


福島の温泉
地図を見ると近くになんと秘湯があるのを発見!(旦那は子供の頃よく行ったのを今頃思い出したらしい)いつも実家に来てもどこにも行かず家でのんびり過ごすのが常でしたが、温泉が近くにあると知ってむずむずしない人はさているのでしょうか?
旦那はハンドルに地図を片手に、私は清流に山桜の景色を横目にアニメ「耳をすませば」のカントリーロ~ド♪を歌いながら山道をドライブすること約30分、着きました!土湯温泉!露天風呂から見えるのは春の山と川、聞こえるのは清流のドーと響く音。風呂上りにはぽかぽか頭をこんにゃく工房で買った、こんにゃくアイス(マンゴー)で冷やしました。お土産には黒糖こんにゃく(おススメ☆)を買って帰りました♪

☆いつもマイペースな拙い私ですが、食品・料理部門に移動しました。お手数かけますが→★Ranking応援クリック★いただけると励みになります(^-^)☆
[PR]
by megupugu | 2006-05-07 19:17 | 無国籍(和中)スープ(12)
鯛のアラ汁/新じゃがと鮭の粕味噌汁/鯵の味噌つみれ汁
e0042012_166127.jpg魚さかなサカナ~♪さかな~をたべ~ると♪頭あたまアタマ~あたまぁがよくなるぅ~♪
本日はお魚を使ったスープを3品をご紹介します。まずは、旬のお魚~

鯛のアラのスープ

いつもアラ汁を作るときは、熱湯をかけてから冷水で血合いなどをきれいに洗った身を煮て作りますが、このレシピ(吉田勝彦シェフのレシピを参考。自分好みに+醤油ひとたらし)は、さっと茹でた後に水と一緒に蒸す調理法です。ちょっとメイクが落ち気味だけど(鱗を頑張って取りすぎたかな?)うーん出汁入らず。美味。鯛さま様ご馳走さま~

☆作り方(2人分)
1.鯛の頭を半分に切ってゆで、身が白くなってきたら取り出し、流水で洗う。
2.どんぶりに1の鯛と300cc、長ねぎ(3㎝長さ4個)、生姜を入れて、蒸気の上がった蒸し器に入れる。中まで十分に火が通ったら、大2と自然で味をととのえ、醤油小1たらす。(あっ山椒の葉を飾ればよかったなぁ)



e0042012_17245735.jpg

新じゃがと鮭の粕味噌汁

ポイントは、酒粕でまるくやさしい味にして、発酵バター(ここでは手作りバターを使用)でコクを出すこと。

☆作り方
1.じゃがいもは、皮をむき一口大に切り水にさらした後、レンジでかために茹でておく。
2.はかるく両面焼いて(レアでOK)、骨をとって適当に切っておく。
3.昆布ダシ汁に*新玉ねぎ、1、2を順に加えて煮る。
4.味噌(中甘口)適量と酒粕お好み量(1:2くらい)を入れ、バター(4人分で大1弱)をおとす(お好みで七味唐辛子をふっても)。
*くし切りにして炒め煮したものを加えてますが、薄切り玉ねぎ、または長ねぎでOKです。
★今回、蟹身と絹さやも入れましたがもしあればでOKです。




e0042012_1813459.jpg

鯵の味噌つみれ汁

今回の鯵つみれ団子は醤油だし汁じゃなくて味噌汁に浮かべ、みそごま味にしました。

☆作り方
1.は三枚におろし、皮をむいて骨を取り、包丁でよくたたく。
2.1に味噌すりごま醤油砂糖(2:2:1:1)に、おろし生姜少々、葱みじん、片栗粉卵白適量入れ混ぜる。
3.だし汁(今回は“焼きあごパウダー”を使用)に少々と2をスプーンで丸めたものを落として煮る。
4.青ねぎ(+季節の野菜など)と味噌(中甘口)を適量加える。






e0042012_15361626.jpgさて桜(左photo by daring) の季節ですが、この強風で花びらがぐるぐると舞っていますね。
強風といえば数日前の夜、荷物いっぱいカゴにのせて自転車で帰宅途中、突然の突風に襲われ自転車ごとバタンと道路の真ん中に倒され、前後からきた車にひかれそうに!・・・強風にあおられながらもなんとかヨロヨロと立ち上がり荷物と自転車と体を避難させたという、ありえない醜態をさらしてしまいました(泣)。そのときは平静を装ってはいたものの、ひざにはこぶしほどの大きさの青あざができていてズキズキ。。。(T_T)
皆さんも強風にはくれぐれも気をつけてくださいね~(←あんただけだって)

この日抱えていた荷物とは・・福島に住む旦那の両親が都内で挙げる親戚の結婚式のついでにうちに遊びに来るということで、その買出し食材などでした。なんとか私も食材もつぶれずにご両親を迎えることができました(笑)~☆

☆和風おもてなしメニュー
[PR]
by megupugu | 2006-04-03 19:44 | 無国籍(和中)スープ(12)
カブとアサリの豆鼓スープ/鶏肉と卵の親子スープ
e0042012_048662.jpg

カブとアサリの豆鼓スープ&玄米スープごはん

まるごとかぶのスープにしたらおもしろいかなと思って、皮をむいたカブをそのまま油揚げに包んで煮ちゃいました。そしたらね・・・たっ食べにくいよっ(~_~;)・・・ということで、あとでカブは包丁で一口サイズにカットしてスープに戻しました(写真だけは丸ごとにしてるし)~(^_^;)

蕪(かぶ)は一年中ありますが、本来の旬は10月~11月と3月~5月です。 豆鼓(トウチ:蒸し大豆を発酵、塩漬け、乾燥させたもの。中華料理によく豆鼓醤を使いますよね。ちなみにうちの麻婆豆腐にも豆鼓醤はかかせません)と今の季節が一番美味しいといわれるあさりもたっぷり入った中華風スープにしました。とってもご飯に合うスープなので玄米雑炊にした「カブとアサリの豆鼓玄米スープごはん」がおすすめです☆

e0042012_1341618.jpg☆作り方(4人分)
1.カブ3~4個は皮をむいて一口大に切り、かつおだし汁(水でも○)で7割りほど火がとおるまで煮る。熱湯をかけた油揚げ1枚も短冊切りにして加える。
2.大1、適量(目安小1)、豆鼓大2~3、醤油大1、オイスターソース小1弱、本みりん大2~3の順に加えていき、味を調える。
3.あさりのむき身1cupも加え、数分煮て火をとおしたら、青葱をふる。
★お好みで炊いた玄米ご飯を加える。






e0042012_158397.jpg

鶏肉と卵の親子スープ

鶏肉とわかめのダシがきいてます。ちょっぴりバターでコクをだして、トマトでさっぱりまとめるのがポイント。

☆作り方
1.水に鶏がらスープの素、一口サイズに切った鶏もも肉を入れて煮る。
2.えのきわかめを加え、コショウ、おろし生姜(or柚子胡椒)少々、醤油味噌(2人分で各小1位)で味を調える。
3.角切りトマトみじんも入れ、バター(orマーガリン)をほんのちょこっと落とし、溶きを流し入れてひと煮たちさせる。
*白味噌(中甘口)を使っています。出汁入り味噌などを使う場合は、鶏がらスープの素は入れなくてOKです。
[PR]
by megupugu | 2006-03-18 03:16 | 無国籍(和中)スープ(12)
アジアン中華スープ3種
e0042012_16513184.jpg

春雨ばぐだんスープ

ちとベトナムフォーちっくかな?フォーよりおうちに常備してある春雨が主役。台湾のコンビニで売っていた黒いうずらの燻製を鶏だんごに包んでみたら、不思議と台湾な香りがするぞ?(笑)これ、フォーに鶏もも肉、香菜、海老、ライムなどを使ったらまさにベトナムフォーになる・・よね?

【作り方】
1.ばくだんを作る。鶏挽き肉に、塩こしょうしょうゆおろしにんにく片栗粉ネギみじんを入れてこねたら、うずらの卵(ここでは台湾産の燻製卵)を包んで丸く成形する。
2.鶏ガラスープで、1のばくだんを煮たら、青菜やもどした春雨なども加え、塩こしょう砂糖少々、ナンプラー(ニョクマム)、レモン汁唐辛子(好みで)で味付けする。



e0042012_1651529.jpg

あさりと水餃子のスープ

イメージは、バー○ヤンのワンタンスープのアレンジ。今回は、たまたま豚の煮汁があったのでそれを使いましたが、鶏がらスープでOKです。

【作り方】
1.あさり蒸しし、その煮汁を使う(あさりは開いたら別皿に取っておく)。
2.鶏がらスープに、1の煮汁、水餃子チンゲン菜を加えて煮る。
  塩こしょうおろししょうが少々で味付けする。
3.最後に1のあさりを加え、溶きを流し入れ、ごま油をたらす。



e0042012_16521270.jpg

はまぐりともやしのスープ

ハマグリからはもちろん、もやしもイイだしだしてくれます。だからもし鶏がらスープの素を使う場合は、ほんのひとつまみで充分です。

【作り方】
1.はまぐり蒸しし、その煮汁を使う(はまぐりは開いたら別皿に取っておく)。
2.鶏がらスープに、1の煮汁ともやしを入れ、(*もやしはしゃっきり感を残す程度にゆでる)
  醤油ナンプラー、砂糖ひとつまみで調味する。
3.最後に1のはまぐりを加え、青ネギを散らし、ごま油をたらす。
[PR]
by megupugu | 2006-01-17 18:33 | 無国籍(和中)スープ(12)
桜香る里いもスープパスタ
e0042012_1394619.jpg☆皆様、今年もよろしくお願いします☆
毎年お正月は母のおせち料理を堪能していますが、今年はうちに初めて家族全員招待し、地味な和食料理を10品ほど(喪中ですし)作りました。考えてみれば、今まで親姉妹に料理を作ってあげたことなんて片手で数えても余るくらいという怠惰ぶりでした。

家族一同喜んで帰ってくれたのはよかったのですが・・玄関で皆を見送った直後、母は眼鏡を、妹は帽子姉は携帯電話の忘れ物!(~_~;)・・・寒い中外を走って追いかけたくなかった私はすごく大きな声で3度も「わすれもの~!!!」と叫び正月早々近所に家族の恥をさらしたのでした(+o+)・・・今年もよい年になりますように・・(*_*;

さて先日、姉のレンタルしている東京の畑で野菜の収穫祭をしたのですが、そのとき旦那が収穫した泥つき里芋を使って里芋と鶏挽肉の煮物を作りました☆ 食べきれずに残ったその煮物を前に、心も技も豊かな金沢の割烹二代目のりさんが、里芋を潰し漉して雑炊にしたら美味かったと言っていたのを思い出しました。それをヒントにこの里芋と鶏挽肉の煮ものをリメイクしてできたのがこちら、桜香る里いもスープパスタです。

自分用なので煮た里芋は潰しただけで裏ごし作業は省き、ご飯の代わりに、そばパスタを入れてみました。以前、はまぐりのクリームスープパスタを作ったときは、そばパスタの風味が殆ど感じられなかったのですが、今回は和風だしスープにしたせいか、そばパスタとよく合います。鶏そぼろ入りなので鶏のエキスもスープにしみてます。そこへ桜の塩漬けとその戻し汁を入れ調味してみると、桜の風味が鼻からぽっと抜けて明るい気分になれました♪

☆スープ具ベース「里芋と鶏そぼろのとろみ煮(ルク編)」レシピはこちら
[PR]
by megupugu | 2006-01-03 16:04 | 無国籍(和中)スープ(12)
レンコンとキャベツの豆乳スープ
e0042012_9521570.jpg

レンコンとキャベツの豆乳スープ


大好きな蓮根が主役の簡単ヘルシースープです。蓮根は、お酢の酸味をしみこませておくのがポイントです。お好みの豆乳でOKですが、無調整の「豆乳+おから のむ大豆」もおすすめ。濃厚で生クリームみたいにとろっとしてます。

☆作り方
1.蓮根は皮を剥いたら、酢をふってレンジでチンしてから、酢水につけてしばらく置いておく。
2.1の蓮根とキャベツチャーシュー(orソーセージやベーコン)を粗みじん切りにする。
3.鍋に2とコンソメ豆乳を適量入れ、弱火で沸騰させないように煮たら、粗挽き胡椒をふる。


★れんこん大好きなあなたへ贈るスペシャルメニュー(おまけ)
蓮根入蛸飯 もご一緒にいかがでしょうか~♪
[PR]
by megupugu | 2005-11-30 10:13 | 無国籍(和中)スープ(12)
豚バラと大根の酸辣湯風スープ
e0042012_17142448.jpg

豚バラと大根の酸辣湯風スープ


酸辣湯(スワンラータン)とは、コショウの辛味とお酢の酸味を利かせた酸っぱいスープ(四川料理)のこと。ここに、あるすばらしい万能調味料と和風な食材を組み合わせてみました。e0042012_17135211.jpg
その万能調味料とは・・・台湾でゲットしてきたお土産「貝柱(XO醤)」。見て見て!こんなに干し貝柱がぎっしり!旨味のでる素材がたっぷり詰まったXO醤は、あらゆる料理の隠し味として大活躍してくれます。XO醤がない場合は、干し貝柱や干し海老、塩漬けの魚などで代用してもOKです。(+葱油など)

そして具に入れてみた和風な食材とは?・・そう、なんと納豆です!いえ、いくら私でもいきなりスープにどばっと入れる勇気はなかったので、試しにスープを少量とって、納豆をちょこっと入れてみたんです(ちょっとした好奇心)。そしたら「美味しい~!\(◎o◎)/!」と得意の?自画自賛!そんな私を横目に、旦那「・・・俺の分は納豆入れないでね(@_@;)」。(むっ。やはりそうきたかっ・・)私「ほんっとに納豆入れるともっと美味しくなるんだってばぁ~!」と力説してみるも、旦那「ほんとに入らない。このままで充分美味いから。」と味見しようともしない。・・・ということで納豆はお好みでどうぞ(笑)
・・・でも、どなたか冒険してみてくださる方、いらっしゃいませんか~?!

☆レシピはこちら
[PR]
by megupugu | 2005-11-20 18:07 | 無国籍(和中)スープ(12)
台湾屋台風?海老団子スープ
e0042012_11323013.jpg

台湾屋台風海老団子スープ


台湾屋台でいただいた魚丸揚スープの味をおうちで再現してみました。台湾で自分には何もお土産を買わなかった旦那さん(もちろん私の分はほくほく♪)への私からのお土産のつもりです。(それでいいのか?)

「少し薄味のあっさりとした、香味野菜の香りが生きている、しっかりとした出汁の味を感じる」というのが、個人的なむこうのスープの印象でした。しかし“台湾屋台風”なんてネーミングにしたわりに、材料からは、台湾の香りなど全くしてこないこと、始めに謝っておきます(汗)。それでもなぜか、台湾で飲んだスープの味にかなり近くなったので・・お許しを。

台湾の魚丸揚スープは、魚のすり身団子が入っていたのですが、その中に肉そぼろのようなものが包まれていました。私は代わりに、海老のすり身団子の中に腸詰め(台湾土産)を焼いてみじん切りにしたものを包みました。また、揚げ葱(多分)が浮かんでいたので、これは代わりに、市販のフライドオニオンチップを散らしました。

このなんちゃってスープを旦那に試食してもらうと「うおぅ!あの台湾の香りと味がする~!!」とテンション↑↑で喜んで(騙されて)くれたのですごく嬉しかった~♪

【材料と作り方】
e0042012_11562117.jpg
1.鍋いっぱいにを入れ、☆鶏ガラ(湯通ししたもの)、玉葱人参、☆セロリ、(大根の葉)、☆ブーケガルニを加え中火にかける。
2.沸騰したらブーケガルニを取り出し、弱火であくをとりながら1時間前後煮たら、火を止め、漉す。(*参照「手作りチキンブイヨン」
3.☆エビのすり身に、焼いてみじん切りにした腸詰めを包んで丸め、2のチキンブイヨンスープの中に落として軽く茹でる。
4.自然塩で味を整えたら、青葱(野菜)、あら挽き山椒(ほんの少々)、☆フライドオニオンチップを散らす。

☆ポイント?となる材料には☆マークをつけました。
★麺類との相性がよいスープなので、フォーなどお好みで入れても◎
[PR]
by megupugu | 2005-11-15 13:01 | 無国籍(和中)スープ(12)
かに玉スープ
e0042012_15235752.jpg

かに玉スープ



本日のスープは、蟹身たっぷりスープです。
★作り方 福来純3年熟成本みりんを入れただし汁に、
カニ、ちくわを加え、
天然塩(雪塩)で調味し、
仕上げに溶き卵を流し入れ、
お好みでごま油をたらし青葱を散らして出来上がり★

いい素材を使ったものには、いい調味料で調理すると、素材の味が生かされます。
いろんなものが混ざっている「みりん風」ではなく、「本みりん」(上記おすすめ)で是非どうぞ☆


[PR]
by megupugu | 2005-10-16 15:32 | 無国籍(和中)スープ(12)
舞茸の玉子スープ
e0042012_19195064.jpg

マイタケの玉子スープ



私は、椎茸だけは苦手なんですけど、他のきのこ類は全部大好きです!
先日も、しめじと春雨のチキンスープをご紹介したのですが、きのこが入るとスープの味がしみじみ豊かな味になりますよね。
本日のスープは、舞茸(まいたけ)と鶏挽き肉(胸肉)の旨味ぎゅっのスープをご紹介します。
隠し味は、とんかつソース!これだけでぐぐっと奥行きのある甘みが出ますので、是非お試しくださいね☆

今回は一緒に豚しゃぶを作ったので、鶏がらスープの素を入れた豚をしゃぷしゃぶしたそのスープをアクをとってから、マイタケのスープとして使いました。


もう10月。秋ですね。。今日は、母にもらった梨をほおばりました。その梨の名前は忘れたけど、メロンみたいにビックなおばけ梨です!食べている途中、旦那「んぐぐっ~!(+o+)」梨の塊が喉を通ったと言う。私「ゆっくり食べなさいよ~」と苦笑いしたとたん、今度は自分も梨で喉をつかえそうになって「んぐぐっ~!(+o+)」・・・おばけ梨と笑った仕返しか?!・・なんて。全くアホ夫婦です(ーー;)
・・・いくらジューシーでも梨はゆっくりよく噛んで食べましょうねぇ・・・

☆マイタケの玉子スープレシピはこちら
[PR]
by megupugu | 2005-10-01 19:46 | 無国籍(和中)スープ(12)