酸辣湯
e0042012_145771.jpgお久しぶり~でごめんなさいっ。あっという間に終わってしまったゴールデンウィーク、私は旦那の実家の福島でのんびり過ごしていました。

旦那のお父様は広いお庭でたくさんの種類の野菜を作っています。食卓にはいつも畑で採れたての旬の新鮮なお野菜が並びます。今の季節は嬉しい筍づくしのメニュー!「こんな田舎料理しかなくって・・」「とんでもない、丹精こめて育てられた採れたて野菜がこうしていただけるなんて、これこそ本当の贅沢!」「このおひたしはさっき摘んできた“カブレナ”という葉で・・」ご両親がにこにこ教えてくださる自家野菜のお話も最高の調味料です。e0042012_17354289.jpg

さすがはお義父さん(→)、先代から受け継がれたマイ道具を使って慣れた手つきでほいほいと筍を掘り起こしていきます。この筍がまたすごく美味しいんです。採れたての筍は面倒なアク抜き調理せずにそのままで◎だというのもかなり驚きでした。

ということで本日はこのタケノコを使った四川のスープです♪

酸辣湯 (サンラータン)

ほんのり酸味と黒コショウピリリのとろとろスープ。夏にはお酢とラー油を多めに入れすっぱ辛くして元気のでるスープにしましょ。
中川優さんのレシピを参考に簡単アレンジ。オリジナルでは干しシイタケや干し貝柱を使うところを、代わりに切りイカを入れてみました。切りイカといえば、切りイカ入りのお好み焼は基本だと個人的こだわりがあります。ちゃんといいダシも出してくれるし、干し貝柱より安く上がりますよ(笑)。

酸辣湯 (サンラータン)レシピ (4人分)
1.(80g)はボツボツした固い部分を薄く削いで、半分に切って横にし、薄切りにして細かいせん切りにして湯通しする。春雨(30g)は食べやすい長さに切ってから、水につけて戻しておく。豆腐(1/3丁)は筍と同じマッチ棒大のせん切りにして、春雨と一緒に水につけておく(スープに入れたときにくっついて固まらないようにするため)。豚バラ肉(120g)は繊維を断つようにして切り、細かい先切りにする。
2.豚バラと筍を鍋でさっと炒めたら、鶏がらスープ(約4cup)を入れ、沸騰したら春雨と豆腐、切りイカ(ひとつかみほど)も加える。
3.再度沸騰したら、(小1/3)、コショウ(たっぷり)、紹興酒(大1)を入れたら弱火にし、醤油(大2.5)を入れる。水溶き片栗粉(大3~)を回し入れて強火に戻す。とろみがついたら、火を止める。
4.溶き卵を流し入れる。(大2~)を入れたら強火にかけ、少し酸味をとばす。お好みでラー油木の芽を入れる。

☆酢を入れるタイミングを守ることが、まろやかさと甘みのある酸味を出すポイントです。


福島の温泉
地図を見ると近くになんと秘湯があるのを発見!(旦那は子供の頃よく行ったのを今頃思い出したらしい)いつも実家に来てもどこにも行かず家でのんびり過ごすのが常でしたが、温泉が近くにあると知ってむずむずしない人はさているのでしょうか?
旦那はハンドルに地図を片手に、私は清流に山桜の景色を横目にアニメ「耳をすませば」のカントリーロ~ド♪を歌いながら山道をドライブすること約30分、着きました!土湯温泉!露天風呂から見えるのは春の山と川、聞こえるのは清流のドーと響く音。風呂上りにはぽかぽか頭をこんにゃく工房で買った、こんにゃくアイス(マンゴー)で冷やしました。お土産には黒糖こんにゃく(おススメ☆)を買って帰りました♪

☆いつもマイペースな拙い私ですが、食品・料理部門に移動しました。お手数かけますが→★Ranking応援クリック★いただけると励みになります(^-^)☆
[PR]
by megupugu | 2006-05-07 19:17 | 無国籍(和中)スープ(12)


<< 春野菜とチーズのスープパスタ 1日パンケーキ&スープカフェOPEN >>